知識ベース

症状

症状

症状 (ギリシャのσύμπτωμα、「事故、不幸、降りかかるもの」、συμπίπτω、「私は降ります」、συν-「一緒に」、およびπίπτω、「私は落ちる」から)は、正常な機能または感情からの逸脱です異常な状態または病気の存在を反映して、患者には明らかです。症状は主観的または客観的です。咳や発熱は客観的な症状ですが、疲労は主観的な症状です。症状とは対照的に、兆候は、検査官または医師によって誘発される疾患の手がかりです。たとえば、知覚異常は症状であり(それを経験している人だけが直接自分のうずきを感じることができます)、紅斑は兆候です(誰でも肌がいつもよりも赤くなっていることを確認できます)。症状と徴候は多くの場合非特異的ですが、多くの場合、それらの組み合わせは少なくとも特定の診断を示唆しており、間違っている可能性のあるものを絞り込むのに役立ちます。他の場合には、それらは病的であるという点にさえ特有です。

この用語は、例えば「妊娠の症状」を指す場合など、病気の文脈以外の生理学的状態にも適用されることがあります。多くの人々は、サインと症状という用語を同じ意味で使用しています。

タイプ

症状は一時的に急性またはより長期ですが、急性または慢性、再発または寛解です。無症候性の状態も存在します(例えば、無症状の感染症や、高血圧などの無症状の病気)。

体質的または一般的な症状は、疾患の全身的影響に関連するものです(例、発熱、mal怠感、食欲不振、および体重減少)。特定の臓器や場所ではなく、全身に影響を与えます。

「主訴」、「症状を呈する」、「向知性症状」、または「訴えを呈する」という用語は、患者を医師に連れて行く最初の懸念を表すために使用されます。最終的に診断につながる症状は、「基本症状」と呼ばれます。

非特異的な症状

非特異的な症状は、特定の病気のプロセスを示すものではないか、孤立した身体システムを伴う自己報告症状です。たとえば、疲労は多くの急性および慢性の医学的症状の特徴であり、精神的症状である場合とそうでない場合があり、一次症状または二次症状のいずれかです。疲労は、運動後または1日の終わりに経験する場合、正常で健康的な状態でもあります。

ポジティブとネガティブ

症状は正と負に分けることができます。陽性症状とは、病気やその他の異常な状態の人に見られる症状ですが、通常は平均的な健康な人には見られません。負の症状とは、平均的な人に通常存在する機能または感覚の欠如です。

たとえば、精神障害、特に統合失調症について説明する場合、正と負の症状は次のとおりです。

  • 陽性症状は障害に存在する症状ですが、ほとんどの人は通常経験しません。これは、正常な機能の過剰または歪みを反映します(つまり、人の正常な機能に追加された経験と行動)。例としては、幻覚、妄想、奇妙な行動があります。
  • 負の症状は、健康な人に通常見られる機能ですが、罹患した人では減少するか、存在しません。したがって、それは人の通常の機能方法から姿を消したものです。例としては、社会的引きこもり、無関心、喜びを経験できないこと、注意制御の欠陥などがあります。

体性感覚症状の場合、ポジティブなものは刺すような、かゆみ、および刺すような、帯状の、稲妻のような射撃感覚(痛み)、痛む、ナイフのような、ねじれる、引く、引っ張る、引き締める、燃える、焼ける、電気的、または生気持ち。陽性の感覚症状を説明するために使用される用語は、感覚異常および感覚異常です。

否定的な感覚症状は、感覚の減少または消失です。最も一般的なのはしびれです。否定的な症状には次の用語が使用されます。感覚低下(知覚過敏)は、圧力、感触、温かさ、冷たさなどの中程度の刺激に対する感受性の部分的な喪失です。麻酔は、刺すような強い刺激に対する感受性の完全な喪失です。痛覚過敏(鎮痛)は、痛みを伴う刺激に対する感覚の喪失です。

考えられる原因

さまざまな病気のプロセスで発生する症状もあれば、狭い範囲の病気にかなり特異的な症状もあります。たとえば、片目で突然失明した場合、考えられる原因の数は吐き気よりも大幅に少なくなります。

一部の症状は、患者または医師のケアを誤解させる可能性があります。例えば、胆嚢の炎症はしばしば右肩に痛みを引き起こし、これは当然、痛みを筋肉の緊張などの腹部以外の原因に帰することに患者を導く可能性があります。

症状と徴候

医学的兆候は、患者以外の誰かによって客観的に観察される可能性がありますが、症状はそうではありません。この違いと、病歴と身体検査の違いとの間には相関関係があります。症状は歴史のみに属しますが、兆候はしばしば両方に属することがあります。発疹や筋肉の振戦などの臨床徴候は、患者と他の誰によっても客観的に観察できます。いくつかの兆候は、それらを明らかにするには医学の専門知識が必要であるため、身体検査のみに属します。 (例えば、低カルシウム血症や好中球減少症などの検査室の兆候は、見つけるために血液検査を必要とします。)先週患者が観察したが現在消えた兆候(解決した発疹など)は兆候でしたが、病歴ではなく、病歴に属します医師が今日それを独立して検証できないためです。

症候学

症候学(また、semeiologyと呼ばれる)は、症状を扱う医学の分野です。また、この研究は病気の徴候と徴候を扱っています。