知識ベース

カリ穂高イネン

カリ穂高イネン

カリホタカイイネン (1957年1月9日、フィンランドのポリで生まれた)は、フィンランドの作家です。穂高イネンは、ポリの記者として執筆活動を始めました。 1986年、彼はヘルシンキに移りました。彼は1996年にフルタイムの作家になりました。彼は1983年に結婚した彼の妻、音響技術者Tarja Laaksonenと2人の子供を持っています。

人生とキャリア

彼の父、ケイジョホタカイイネンは店主兼写真家として働き、彼の母親、ミーリ・アラ・クーシストは店員として働いていました。カリ穂高イネンは1976年に入学試験に合格し、同年ラウタランピ高校を卒業しました。彼は芸術学士号を取得しています。

穂高イネンは、1980年代初頭に詩人として作家としてのキャリアをスタートさせました。彼のデビューコレクションHarmittavat takaiskut不幸な後退 )は、1982年に出版されました。彼はKlassikko( クラシック )というタイトルの彼の半自伝的作品のために、1997年フィンランディア賞にノミネートされたとき、彼はフルタイムを書き始める前、HotakainenはWSOYの広告部門では、ニュースのレポーターとして働いていた、などHotakainenのブレークスルーが来ました。 2002年、穂高井ネンは同年出版された「 ジュークスハウダンティ」バトルトレンチアベニュー )という本でフィンランディア賞を受賞しました。その後、この本は同じ名前の映画になりました。 2004年、穂高イネンは同じ本で北欧評議会の文学賞を受賞しました。 2006年、彼は彼の演劇「 プナフッカ」で北欧ドラマ賞を受賞しました。穂高イネンはまた、子供向けの戯曲、ラジオドラマ、新聞のコラム、および10部構成のテレビシリーズ「 Tummien vesien tulkit 」の脚本を執筆しています

穂高イネンは、2012年3月3日の自動車事故で重傷を負いました。

書誌

小説

  • バスター・キートン:elämäja teot (1991)
  • ブロンクス (1993)
  • シンティサッキ (1995)
  • パリクンタ、プッキー・ジャ・ピエニ・ミーズ (1997)
  • クラッシッコ (1997)
  • Sydänkohtauksia、eli kuinka tehtiinKummisetä (1999)
  • Juoksuhaudantie (2002)–フィンランディア賞受賞者2002
  • いいさきんキルッコ (2004)
  • Huolimattomat (2006)–フィンランディア賞2006にノミネートされました。
  • いみせんおさ (2009)

  • Harmittavat takaiskut (1982)
  • クカ・ペルカ・ムスタア・ミースタ (1985)
  • ホット (1987)
  • ルノキルジャ (1988)
  • Kalikkakasa、kootut runot (2000)

子どもと青少年の本

  • ラステンキルジャ (1990)
  • リトバ (1997)
  • ネイタン・ヒヴァルタ・イルマン・パイター (2000)
  • サトゥキルジャ (2004)

ラジオドラマ

  • プッテリネン (1996)
  • ヒューマウス (1997)
  • ケイハーンハイタッヤ (1997)
  • トゥリスイク (1999)
  • ジッテン・クン・カイッキ・オン・オヒ (2000)

演劇

  • Hukassa onhyväpaikka (1999)
  • シンデンコータクシア (2002)
  • プナフッカ (2005)

連続テレビ番組

  • ツミエン・ベシアン・タルキット