知識ベース

ジェームズムーディ(サックス奏者)

ジェームズムーディ(サックス奏者)

ジェームズムーディ (1925年3月26日-2010年12月9日)は、アメリカのジャズサックスとフルート奏者であり、非常に時折ボーカリストであり、主にビバップとハードバップスタイルで演奏していました。

ムーディーはエディ・ジェファーソンが書いた1952年の曲「ムーディーズ・ムード・フォー・ラヴ」で予想外のヒットを記録し、ムーディーが1949年の「I'm in the Love」で演奏した即興ソロをメロディーとして使用した。ムーディーはこの歌を自分のものとして採用し、ジェファーソンと一緒に1956年のアルバム「 ムーディーズ・ムード・フォー・ラブ」で録音し、定期的にコンサートで歌を歌い、しばしばボーカルを自分で歌った。

若いころ

ジェームズ・ムーディはジョージア州サバンナで生まれ、彼の(単一の)母親であるルビー・ハン・ムーディ・ワッターズによって育てられました。彼には兄弟のルイがいました。ニュージャージー州ニューアークで育った彼は、ジョージ・ホームズ・テイト、ドン・バイアス、そしてカウント・ベイシーと共演したサクソフォン奏者を聞いた後、サックスに魅了され、後にフルートも取り上げました。

キャリア

ムーディーは1943年に米陸軍航空隊に入隊し、隔離された基地の「黒人バンド」で演奏しました。 1946年の軍隊からの退任後、彼は2年間ディジー・ガレスピーとビバップをしました。ムーディーは1964年にギレスピーと共演し、ギレスピー・グループの彼の同僚であるピアニストのケニー・バロンとギタリストのレス・スパンは、今後数十年で音楽の協力者になるでしょう。

1948年、彼はサクソフォンとフルートの両方を演奏する長年のレコーディングキャリアの最初のブルーノートレコードの最初のセッションを録音しました。同年、彼はヨーロッパに移り、3年間滞在しました。彼は1952年にヒットした「ムーディーズムードフォーラブ」の最初の録音を含む彼のヨーロッパでの仕事で、「人種差別に傷つけられた」と言いました。彼が彼のレパートリーにアルトサクソフォンを追加し、彼を彼自身のレコーディングアーティストとして確立するのを助け、ヨーロッパのジャズの成長の一部を形成したのを見ました。その後、1952年にアメリカに戻り、Prestige Recordsなどのレコーディングキャリアを経て、Pee Wee Mooreなどのミュージシャンを含むバンドでフルートとサックスを演奏しました。

ムーディーと彼のオーケストラは、1955年7月24日にレオンヘフリン、シニアがプロデュースしたロサンゼルスのリグレーフィールドで開催された11番目の有名なジャズのCavalcade of Jazzコンサートに出演しました。また、ビッグジェイマクニーリー、ライオネルハンプトン、ペンギン。

1960年代に、彼はディジー・ガレスピーに再び加わりました。彼は後にマイク・ロンゴとも仕事をしました。

1998年のボブ・ベルノタスとのインタビューで、ムーディーはジャズには明確な精神的共鳴があると信じていると述べた。

ジェームズ・ムーディ・カルテット(ピアニストのレニー・ロスネス、ベーシストのトッド・クールマン、ドラマーのアダム・ヌスバウムと一緒に)は、ムーディーのキャリアの後半でした。ムーディーは、ディジー・ガレスピー同窓会オールスターズとディジー・ガレスピー同窓会オールスターズビッグバンドと定期的に演奏し、また、トランペット奏者、作曲家、指揮者のジョン・ファディスと頻繁にコラボレーションしました。ファディスとムーディーは、2007年にドイツのケルンにあるWDRビッグバンドでマイケルアベネの指揮の下で働きました。そして、1986年にファディスと共に、ハモンドオルガニストジミースミス、ケニーバレル、グラディテート、バーバラモリソンなどのアーティストをホストするフィリップモリススーパーバンドとツアーを行いました。このラインナップには、ニールズ・ヘニング・オーステッド・ペダーセン、ジミー・ヒース、ケニー・ワシントン、スライド・ハンプトン、モンティ・アレクサンダーが含まれており、特にオーストラリア、カナダ、日本、フィリピン、1986年9月3日、オーストラリアのパースでの最初のコンサート。フィリップモリススーパーバンドのコンセプトは、1985年に1年前に始まりました。

賞と栄誉

亡くなってから2か月後、ムーディーはアルバムMoody 4Bのベストジャズインストゥルメンタルアルバムで死後グラミー賞を受賞しました。

ニュージャージーパフォーミングアーツセンターでは、ジェームズムーディーデモクラシーオブジャズフェスティバルが開催されます。

私生活

ムーディーは3回結婚しました。最初の2つは離婚で終わった。彼の3番目の結婚は、1989年に結婚した元リンダピーターセンマクゴーワンとの結婚でした。彼には娘のミシェルムーディバグダノベがいて、リンダを通じて3人の義理の息子、リーガン、ダニー、パトリックマクゴーワンがいました。ムーディと彼の妻はサンディエゴに住んでいた。

彼はバハイ信仰の積極的なメンバーでした。 2005年、ムーディーズは、ニューヨークの購入大学州立大学音楽学部でムーディー奨学基金を設立しました(SUNY Purchase)。ムーディーは1998年にNEAジャズマスターズフェローシップを受賞し、国際ジャズ教育協会(IAJE)などを含む教育プログラムやアウトリーチに参加することがよくありました。

ムーディーはイタリア語に堪能でした。

2010年11月2日、ムーディーズの妻は彼に代わって、膵臓癌を患っており、積極的に治療しないことを選択したと発表しました。緩和ケアの後、2010年12月9日に、ムーディーズは膵臓癌に起因する合併症によりサンディエゴで亡くなりました。

ディスコグラフィー

リーダーとして

  • 1949年: ジェームズ・ムーディーズ・グレイテスト・ヒッツ (プレステージ)
  • 1951: ジェームズムーディーズグレイテストヒッツ(ウィズザスウェディッシュオールスターズ) (プレステージ)
  • 1952年: ジェームズ・ムーディと彼のモダニスト (ブルーノート)
  • 1952年: ジェームス・ムーディとストリングス (ブルーノート)
  • 1954: ムーディー (プレステージ)
  • 1954–55: ジェームズムーディーズムード (プレステージ)
  • 1955: Hi Fiパーティー (プレステージ)
  • 1955: ウェイル、ムーディー、ウェイル (プレステージ)
  • 1956: Flute 'n the Blues (アルゴ)
  • 1956: ムーディーズムードフォーラブ (アルゴ)
  • 1958: オーバーブルックからの最終列車 (アルゴ)
  • 1959: ジェームズムーディ (アルゴ)
  • 1960: やあ!それはジェームズ・ムーディ (アルゴ)です
  • 1960–61: ムーディーズウィズストリングス (Argo)
  • 1961: クッキンザブルース (アルゴ)
  • 1962: アナザーバッグ (アルゴ)
  • 1963: 素晴らしい日 (アルゴ)
  • 1963: Comin 'On Strong (アルゴ)
  • 1964: 色域の実行 (セプター)
  • 1966年: ムーディーとブラスフィギュア (マイルストーン)
  • 1968–69: ブルースとその他の色 (マイルストーン)
  • 1969年:目をそらさないで! (プレステージ)
  • 1970: 教師 (知覚)
  • 1971: ヘリテージハム (知覚)
  • 1971年:ジーン・アモンズとのシカゴ・コンサート (プレステージ)
  • 1972年: 二度と! (ミューズ)
  • 1973: Feelin 'It Together (ミューズ)
  • 1973: Sax and Flute Man (ポーラ)
  • 1976: Timeless Aura (ヴァンガード)
  • 1976: Sun Journey (ヴァンガード)
  • 1977: Beyond this World (ヴァンガード)
  • 1986: 何か特別なもの (ノバス)
  • 1988: Sweet and Lovely (ノバス)
  • 1991: 前進 (ノバス)
  • 1995: ムーディーズパーティー:Live at the Blue Note (Telarc)
  • 1996: ヤングアットハート (ワーナーブラザーズ)
  • 1997: ムーディープレイズマンチーニ (ワーナーブラザーズ)
  • 1997: Warner Jams、Vol。 2:マーク・ターナーと2人のテナー 、ラリー・ゴールディングス(ワーナー・ブラザーズ)
  • 2003: オマージュ (サボイ)
  • 2005: 世界はゲットー (燃料2000)
  • 2008年:ハンク・ジョーンズとの喜び (IPO)
  • 2009: ムーディー4A (IPO)
  • 2010: ムーディー4B (IPO)

サイドマンとして

アートファーマーと

  • ニューヨークジャズセクステット:グループセラピー (セプター、1966)

ギル・フラーと

  • ナイトフライト (パシフィックジャズ、1965)- ディジーガレスピーをフィーチャーしたギルフラー&モントレージャズフェスティバルオーケストラの CD再版でリリースされたすべてのタイトル

ディジー・ガレスピーと

  • 完全なRCAビクターレコーディング (Bluebird、1937-1949)
  • ビッグバンドインコンサート (GNP 1948)
  • 新大陸 (ライムライト、1962)
  • サムシング・オールド、サムシング・ニュー (フィリップス、1963)
  • ディジー・ガレスピーとパリのダブルシックス (Philips、1964)
  • ディジー・ゴーズ・ハリウッド (フィリップス、1964)
  • クールな世界 (フィリップス、1964)
  • ジャンボ・カリベ (ライムライト、1964)
  • I / We Had a Ball (Limelight、1965)-1トラック
  • メロディー・リンガーズ・オン (ライムライト、1966)
  • Swing Low、Sweet Cadillac (Impulse!、1967)
  • The Dizzy Gillespie Reunion Big Band (MPS、1968)
  • The Real Thing (知覚、1969)
  • ミュージシャン、作曲家、ラコントゥール (Pablo、1981)
  • ロイヤルフェスティバルホールでのライブ (Enja、1989)

ディジー・ガレスピー同窓会オールスターズと

  • ジョン・ファディスが監督したディジーの世界 (1999)
  • 来るもの (2001)

デクスター・ゴードンと

  • 力の塔! (プレステージ、1969)
  • もっと力を! (プレステージ、1969)

ミルト・ジャクソンと

  • ビッグバッグ (リバーサイド、1962)
  • ミルトジャクソン、近代美術館 (ライムライト、1965年)
  • ミルト・ジャクソンとヒップ・ストリング・カルテット (Verve、1968)

エルビン・ジョーンズと

  • クラークテリー、バンキーグリーン、ローランドプリンスとのサミットミーティング (ヴァンガード、1976年)

クインシー・ジョーンズと

  • I / We Had a Ball (ライムライト、1965)
  • 猫猫のためのクインシー劇 (水星、1959-65)

チャールズ・ミンガスと

  • チャールズ・ミンガスとフレンズ・イン・コンサート (コロンビア、1972)

マックスローチと

  • Max Roach Quintet / Art Blakey and His Band(ブルーノート1952)

ラロ・シフリンと

  • かつて泥棒と他のテーマ (Verve、1965)

ボビー・ティモンズと

  • それを手に入れました! (マイルストーン、1967)

シーダーウォルトンと

  • ソウルサイクル (プレステージ、1969)

タビー・ヘイズと

  • 再訪! (Fontana Records、1962)ジミーグルーミーとしてクレジット

ロベルタ・ガンバリニと

  • イージートゥラブ (Groovin 'High / Kindred Rhythm、2006)ムーディーはテナーサックスを演奏し、「恋人」と「センターピース」でロバータと歌います